ほどほど絵日記

鍬を置いて、山を降りた人

佐々木の日

今日は診察・検査のために山梨へ。今回は前回の抜釘手術のあとに、骨に残ったネジ穴がしっかりと再生しているかどうかの確認でした。

 

もうなんども病院にかかっているので、受付を済ませて自らレントゲンをとる部屋へ出向いて、上着を抜いて一枚、二枚と、計七枚くらい。なんだか最近はレントゲン技師のドラマがやっているせいか、なんかスタッフの動きが気になったのが、私もミーハーなのかもって。

 

そのあとに担当の整形外科の先生の元へ。まだ痛みと違和感は残っているのでその件を伝えて、今後のリハビリの有無などを一通り聞いたあとに、これでこちらの病院の診察は終わりになりますと聞いて、あっと今に一年ちょっとたったのだなぁと感じたのですが。そのあとに。

 

「障害の診断。受けておきましょうか」

 

そういって、先生が説明してくれたのです。「障害」って聞いた瞬間にきっと肘のことをさしているのだろうなって。

 

私はもう普通に生活できているし、多少の不便なことはあれど意識上からは消えていたのですが、受けておいたほうがいいということなので、再度夏に診断を受けに行くことになりました。心の中では消化できているのだけれど。いざそうやって障害の診断という言葉を受けると。なにか感じるものがありました。まだ終わっていないんだなって。

 

さて、話は変わって。診察を受けたあとには、まずは五味醤油さんでお味噌をしっかりと買い込んで、そのまま甲府から山梨市方面へ。友人が喫茶店を来月オープンさせると聞いていたので、顔を出してちょうど昼時だったので、お昼を一緒に食べてきました。

 

f:id:riki-yan:20190417210030j:plain

塩山館食堂の「特製湯麺」

 

 

その友人とは私もかつて住んでいた、お湯なし、シャワーなしの古ぼけた団地に住んでいたんです。つい先月勤めていた勝沼のワイナリーを退職して、団地からも抜けて喫茶店をオープンするんです。

 

そうして、もうひとり同じ団地でワイナリーに勤めていた友人がいたのですが、彼は北海道へと自分のワイナリーを作るべく、修行へ行きました。当然団地を引払い済み。

 

かつて団地の誰かの家で定期的にワインを傾けて語り合った友人はひとり残るのみとなりました。

 

かつて同時期に山梨県山梨市にたどり着いた友人が私を含めてこの一年の中で散り散りになったのは、なんだか不思議な感覚でした。その友人たちからは「佐々木君が抜けていったのもあるんだよ」といわれて、それぞれにいろいろな夢や理由があって団地を抜けたのだろうけれど、その小さな小さな発端を作ったのは私だったのかなぁとも(うぬぼれです)

 

その後は、近況の話をしていたら今度共通の友人であるワイナリーのお話になり。今度ワイナリーで出張して珈琲を提供するんだ〜と話をきいて。おお。ちょうど今日行こうと思っていたんだよ〜と盛り上がり。珈琲豆のお土産を車に乗せてワイナリーへ。

 

そうしてワイナリーに行くと、いつもと変わらない姿で店頭にたっていたんですよね〜。「おおおおお〜」「よくここまで戻ったね〜」と暖かい言葉で迎えてもらって、なんだか恥ずかしような。去年は一度もいけて無いので、1年半ぶりに訪れたんですよね。そうしたら、私の事故はメディアに名前と共に掲載されていたらしく、事故があってからは農業機械に乗る際のルートを変更したり、ご家族にも注意を促していたらしいのです。

 

ちょうどその時に、他のお客様がいらっしゃっていてその方たちのとお話に混ぜてもらいながら、いつの間にか1時間半くらい時間過ぎていって、そうしているうちにお母様たちが仕事の休憩にいらっしゃって、珈琲とお菓子をいただいて、また1時間。やっぱりここは居心地がいいみたい。山梨に行く機会は減ってしまうので、ワインを買い込みます。

 

そうして、ちょうど一緒にお話していたお客さんは歩いてワイナリーを回っていると聞いたので、私も他のワイナリーを回る予定なので、ご一緒しますか?と、旅は道連れ。とりあえず、私の目的のワイナリーへ向かいました。そこでまた試飲をされていたのですが、そこでもなんとも美味しそうにワインを飲んでいて、お話をしているとなんだかとっても山梨のワインを気に入ってくれたよう。不思議と私も嬉しい気持ちになって、もう一件ワイナリー行きましょうか?ともう一件、立ち寄ってまた試飲をしてもらって。気に行ったワインをもう一本購入の運びとなって。またなんだか嬉しい。

 

その後はタクシーで駅まで行きますからってことだったんですけれど。

 

 

買ったワインを贈答用にするようで最後にスタッフさんとお話をしていたんです。そうしてスタッフさんが「熨斗はいかがいたしますか?」と内熨斗、外熨斗の希望を聞いてそのあとに「お名前はどういたしましょう」とスタッフさん。

 

「佐々木」でお願いします。

 

 

お名前も聞かずに、ご案内していたのですが。まさかの同じ苗字。

 

その後しばらくして。

 

 

「ああ。私も 佐々木 なんです。」って。

 

 

 

なんだ。今日は「佐々木の日」だったのか。

 

不思議な縁だなぁって思って、駅まで送り届けることに。

 

そうしてお話を聞いていたら、なんだか体調を崩していた時期があったようで。やっぱりそういう経験があると、価値観。変わりますよねって話なんかをしていたら、あっという間に、駅へ到着。

 

今頃はきっと、甲府で楽しく飲んでいるはず。

 

今日の山梨からの帰り道。

 

「一期一会」という言葉がふと浮かびます。

 

それと共に「人に施した善行は忘れなさい」という言葉。

 

それでも、今振り返ると「やっぱりちょっといいことをしたかもしれない」って、ホクホク顏で帰り道車を運転していたであろう私。自分はまだまだだなぁ。

 

それも含めて、今日はやっぱり「佐々木の日」

あれから1年

3/19 13:00を過ぎれば、あれから丸1年経つことになります。

 

とりあえず、痛くありませんようにって願っていたけれど、やっぱり痛かったのが本当のところで。しかしその痛みはやっぱり事故直後の比ではなく。日を追うごとに痛みが引いていって、術後の回復は自分でも目をみはる限りでした。肘と鎖骨と大腿骨。やっぱり肘が一番痛いのかなぁって想像していたら、案外肘は痛いけれど思ったほどではなく。とにかく痛いのは大腿骨のネジが入っていた、膝上と腿の上がなかなかの疼痛でして、明日で手術から一週間ですが、現状では家の周囲をゆっくり徘徊することはできるまでになったけれど、階段は一段一段ゆっくり出ないと厳しい感じ。でもでももう少し踏ん張ることができれば、よいなぁって。しかし前回とは違って骨が折れているわけではなく。痛みのせいということはわかっているので、日に日に回復していくはず。

 

f:id:riki-yan:20190318235842j:plain

肘と鎖骨に入っていたプレート

 

 

さて。

 

痛いよ。イタいよ

 

アピールはこれくらいにして・・・

 

今週の月曜日から、土曜日までの入院期間。予定では月曜日に退院予定でしたが、ゆっくりであれば歩けるまでになったので、土日は問診・リハビリともにお休みなので、早く退院されますか?とおっしゃっていただいたので「そうします」と言うことで退院の流れに。

 

 火曜日が手術日だったのですが、一度経験があるから初めから最後までデジャヴ感満載でした。お部屋でまず手術着に着替えるところ。オペ室まで手術着をきて向かう道中。この景色は前にベットに乗せられて通った廊下だ。そしてオペの場所の部屋、ストレッチャーに乗せられて麻酔ガスを含んだ呼吸器をつけられる瞬間まで。違いは前回はベットのまま、今回は自分の足でオペ室へ向かったことくらい。

 

とにかく事故後の二回目の手術の光景と、今見ている光景がぴったり重なる様子がなんだか不思議な感覚に陥っていました。

 

入院中4日間が個室で、残りの2日間が4人部屋へ移動となったんですよね。移動の人は就寝時間の一時間前に急遽移動なったこともあって、あんまし気は進まなかったのだけれど、なんとも移動した4人部屋が前に入院したときと同じ部屋、同じ場所だったんですよね。これは病棟の計らいなのか、たまたまなのか・・・。二日間だけですが、同じ天井を見ながら過ごしたのも、これまた不思議な感覚。

 

今回入院と、1年前に入院した時とでは何か違う感じるものがあるかなぁと思って、色々と思考を巡らせてみたのですけれど、意外といつもの心持ちのままだったのですよね。カラダの中に入っているプレートやらボルトやらが抜けると気持ち的にも一気に晴れやかになるのかなぁって、入院前は思っていたけれど。特に変わらずというのは正直なところ。

 

なんだかんだで、事故に遭ってしまったことや、やっぱり肘が曲がらないことは、どうにもこうにもできないことだし、辛かったし、悲しかったし。感じることがたくさんあった中で、この一年の間に自分の中でじわりじわりと消化をしていたのだなぁと実感。まあカラダに異物くんが入っていない分「あいつサイボーグだぜ」「改造人間!」って周囲からきっと言われなくなるので、一安心です。

 

 

とりあえず、今週末に抜糸ができる予定なので、それが済めば仕事に復帰できそう。抜釘手術をするまではと、一応自分の中では自粛モードだったのですが、解除にまた近づきました。いきなり飛ばしすぎてしまうと、それはまた問題。手術箇所は骨に穴が空いていて、2〜3ヶ月は再生にかかるそうなので、調子乗って転倒したりすると再骨折になりかねないので、ほどほどに調子を上げていこうと思います。

 

パートナー、家族、友人のみんながここまでたくさんたくさん励ましをいただきました。本当に感謝しかありません。

 

ありがとう。

しばらく戻ります。

月曜からしばらく会社をお休みさせていただいて。再び山梨の病院へ。

 

 

とりあえず、入院することも、手術をすることも全然大丈夫だけれど。

 

痛くありませんように。

とにかく痛くありませんように。

 

それだけをとにかく祈っております。

 

痛いのだけは堪忍してくださいっていうお話。

 

f:id:riki-yan:20190311000835j:plain

病練

 

 

山梨を離れてからも、遊びにちょくちょく訪れていたけれど。

 

なんだか楽しみなんですよね。入院とはいえ、しばらく滞在できるわけですから。

記憶を思い起こすと、病院の近くには中央本線が走っていて、窓を開けると電車の通る音が聞こえるんです。窓の外を見渡すと、周囲には山々が取り囲んだ盆地が望める感じ。病院の勤める人の言葉の端々にも甲州弁というか地の言葉を聞くことができる。かつては、山梨の病院から、静岡の病院に転院したときにも、感じた別の土地なんだなぁという感覚があったけれど。それと似たような感覚を味わえる。

 

きっとこんな風に感じるのかなぁと、想像中。

 

全然遠くないし、近い土地だけれど。別の世界に来た感覚。

 

前に入院していたときと、今回入院するときでは、景色が違って見えるのか。それは手術前と後でも。自分の変化も感じるのかなって。

 

とりあえず、今回はMacはお家でお留守番。その代わりに、たくさん本を持っていくので退屈はしなさそう。

 

 

ってなんだかんだそれっぽいことを言っているけれど。やっぱり入院も嫌だし、手術も嫌だし。痛いのはもっと嫌だなぁ。とりあえず寝ておかなくては。

ふらりと西へ

今日は車の一年点検の日。朝はのんびりがっつりご飯を食べて、着替えてディーラーに向かいます。かれこれ今の車は5、6年乗っていて。結構遠出もしたんですよね。よくわからないけど、点検やらオイル交換やらマメにやっているだけでも。全然故障することなく乗れているのだから、ありがたいお話ですよね。

 

今日は10時に車を預けた後、街の中はぶらぶらしようと思ったんですよね。別に見たいもの、買いたいものはなかったのだけれど。つい先日上田に行った時にこれまた5年くらい使っていたブルーのNORTH FACEバックパックのチャックが壊れてしまったのですよね。メインのチャックじゃないけれど、小物を入れる場所ががばがば。なんだかこれも古いものを捨てて、新しいものをという暗示なのかなぁって思って、一件だけバックパックを見に行ったのですけど、ちょっと自分が求めているジャンルのものがなかったので、今回はお預けに。

 

そうしたらなんか、静岡にいてもしょうがないなぁって思って、とりあえず電車に乗って、西か東へ行こうと思って静岡駅まで歩き出したんですよね。ちょうどその時にふと頭に浮かんだのが、三島と浜松だったのです。

 

三島(上り)

前に教えてもらっていたヴァンナチュールを扱っているルカワインさんに伺いがてら、三島大社にいってお参りコース

 

浜松(下り)

浜松餃子を一人食べ歩きながら、久々に塩尻で縁のあった方のショップへ出向く

 

特にどちらにしようとも決めないまま改札の口についたんですよね。そうしたら三島方向へ向かい電車は、途中の興津が終点。対して浜松方面はちょうど改札の上の電光案内に浜松行きの電車が来ているみたい。ん〜。タイミング的にはどっちもどっちだなぁって思っていたら、浜松行きの電車が9分遅れになっていて、なんだか私を待っていたかのように感じられて。エスカレーターを上って、ホームに着いたらちょうど電車が来たんですよね。うん。今日は浜松だなぁと。どうせ帰りは車に乗って帰らないといけないので、ワイン屋さん行ったら試飲したくてたまらなくなってしまうし。これが今日の正解だったんだなぁって。

 

 

とことこ鈍行で静岡から浜松まで一時間ちょっとくらい。ちょうど私が山梨市に住んでいる時に最寄駅から高尾、八王子まで行けるくらい。音楽を聴きながら、中国古典を読んでいたらあっと今に浜松につきました。

 

なんだか電車に乗っている時には、背中に浴びる日差しが強く感じて、今日はポカポカの陽気でいいなぁと思って、浜松駅のホームに出るとなんだかイメージと違う。確かに日差しは暖かいけれど、ものすごい風。かぜ。カゼ。寒いというよりか、冷たい。頬が冷たい。痛い。そんな感じ。

 

一歩進んでは風に吹かれて三歩下がって、また一歩進んで(というイメージで)とりあえず、目的地へ向かいます。

 

sasariki.hatenablog.com

 

過去に書いたブログを眺めてみると、もう三年前になるんですね〜。あっという間。

かつては塩尻でやった「まちの教室」でゲストで来ていたんです。懐かしい。

 

newshop-hmmt.com

 

www.any-h.jp

 

とっても素敵なコンセプトのセレクトショップ

 

最近は全然話題にもしていなかった「街についての話」をしたなぁって。

 

今の浜松の今はどんな感じですか〜。街で面白い取り組みとかあったら教えてください〜。自分たちの若い世代の人たちと自分を比べると感覚の違いはありますか〜?なんて、根掘り葉掘り聞いてしまった感じ。

 

なんだか、今の若い人たちはとっても頭がいいって話題に。

 

新しいことをやろうとする感覚はあって、現実的な面まで全てが見えてしまうから。結局やらない選択をするとか。短期的で終わってしまうみたいな話も。

 

ん〜。自分なんかも、頭がいいか悪いかはわからないけれど。詰まっていないので、とりあえずやれそうな気がしたら、前に進んでしまうのですよね。結構遠回りもして、その挙句にたどり着かないなんてものも、度々。でも、きっと大丈夫っていう感覚ってとっても重要なのかなって思って。ある程度の適当さと、楽観性。よく言うと肩の力抜くことができているって大切だよなぁと。

 

入居しているビルは、戦後間もなく建てられたもので、だいぶ歴史を感じるのですが。面白い方々が入居していて、そちらを回るだけでも一日が過ぎてしまうくらい。かつて浜松は戦争時に大規模な空襲によって焼け野原になってしまった過去があって。当時戦後復興をしていく中で、当時の地主さんたち、有職者の方達が資本を出し合って様々なビルを建てたそうなんです。しかし現在に近づくにつれて、再開発などによって、街の導線が変わって、人通りが少なくなったり、昔商店街だったところから賑わいが消えてしまったのですよね。ビルなんかは取り壊しされて新たな建物をへ!ってところがある一方で、むかし複数の人で建てたビルは一人の一存ではビルの取り壊しができなかったり、手続きが面倒だったり、ひどい場合には権利者がなくなったり、消息不明となってしまってどうしようもないと。

 

なんだか、田舎の耕作放棄地の地権者が見当たらないよ〜っていうのと似ていて、ニヤリ。

 

そうそう。お話をしていたら、いつの間に2時を過ぎていたんです。お腹もペッコリだったので。おすすめのお店を伺って。ご飯を食べて帰ることにしました。そうしたら、たまに食べたくなるスリランカカレーのお店を紹介してもらったので、すかさず行ってきました。

 

スリランカカレー。ちょうど入院生活から開けたばかりの時に、Huluで「旅猿」という番組でスリランカカレーの旅をやっていて、おいしそうだなぁ。おいしそうなんだよなぁと指を加える雰囲気でみていたのですが、今日がそのタイミングだったのですよねきっと。

 

f:id:riki-yan:20190217214601j:plain

ララカレーハママツ

 

lalacurry.com

 

スリランカカレーって、とにかくね。色々混ぜ混ぜして食べるということで。でてきたプレートに乗っているものを少しずつ混ぜ混ぜして食べてみたんです。そうそうお米はタイ米?というか細長いやつ。そこへ、サラサラしたカレーをかけて混ぜては口に運ぶ。おお。おいしい。すぐにまた次のスプーンを口に運びたくなる。そんなはまってしまう感覚なカレー。決して広い店ではないけれど、素直にまた行きたいと思う素敵なお店でした。

 

 

とまあ、四時前には浜松から電車にのって、帰途へ着いたので滞在時間は正味三時間ちょっとだけど。リュックが見つかっていたら、きっと今日のぶらり旅はなかったことを考えると。やっぱりやっぱり。今日は浜松日和。そんな気がした日曜日。

畑をさがしています。

いつの間にか時は過ぎて、体に入った高価なチタンを抜く手術まで一ヶ月を切りました。来月の今ごろは、病室のベットの上で痛い痛いと呻いている姿を容易に想像できます。前回もそうだったけれど、とにかく恐怖とかそういうのはなんとかなるんだけど、どうも痛いのだけは我慢できないのですね〜。大腿骨については動かない場所なので大丈夫な気がするけれど。鎖骨と肘はグイングイン動く場所なので、痛そ〜だなぁ。痛そ〜だなぁってなって、考えるのをやめようって、また痛そ〜だなぁって、繰り返しています。

 

とりあえず、手術が終われば物理的な重しも、心の重りも解消されることになるでしょう。気持ちの面では整理がついているけれども。また新たなスタートを切れる予感。とりあえず手始めに、春からは畑仕事を復活させようかと目論んでいるのです。

 

私が住んでいる地域では、宅地が多くて畑そのものが周囲を見渡してもありません。

 

ちゃちゃっと、畑を貸してくれるところがないかなぁと調べてみますと、市内で畑を気軽に借りることができる市民農園がって、こんな書き方をしているけれど、こっそりしらべていたとかいないとか。

 

①町内に近い畑

自分の住んでいる町内にも一箇所あるのです。市民農園

しかし。立地が国道一号に面してアクセスもしやすい!水も通っている・・・。これは好条件!といいたいところなのだけど。ちょっと想像してみたんです。国一の車通りが多いところで、鍬を振るっている自分の姿を。うん。きっと美味しい野菜は作れる自信はある。ちょびちょび写真を撮ってはUPしている自分の姿も容易に想像できる。できるんですけれど。

 

なんだか車通りが激しいと、なんだなぁ。楽しくないんですわ。やっぱり周囲は畑やら山に囲まれているところで耕している方が心地よいなぁと感じてしまって。うん。

 

里山の麓

じゃあ、二番目に近いところを探してみると、こりゃ。山にも近いし水もある。周囲はミカン畑に囲まれている!きっと畑の土の質も良いのだろうなぁって。少し高台にあるので、景観もあって良い条件じゃないか!って、どれくらい自宅からかかるのかなぁと見てみると、車で10分くらいかかる場所。ん〜。20分くらいかかる。ん〜。その数10分が勿体無い。あとは冬の日が短い時間だとどうしても、仕事終わりに行くと暗くなってしまう・・・。難しいか・・・。

 

③勤め先の近く

勤め先の会社の近くにもあるんです。市民農園。会社の駐車場から歩いて5分圏内。すべてを満たさないけれど、とにかく便が良い。少しでも多く畑で作業できる時間ができる。仕事に行く前と、仕事終わりに1時間ずつ働けば計2時間も畑の面倒がみれる。市民農園で借りるのであれば、良さそう。

 

なんだかんだで、やっぱり畑の上に立つ。土の上の立つというのは、地球とダイレクトに接している感じがするんです。人間も畑の上で太陽を浴びながら光合成(できないけど)パワーを頂けるのかもしれませんね。

 

そうそう先日は休日を利用して上田市まで行ってきたんです。朝早くに静岡をでてひたすら北へ北へ。途中諏訪南インターから白樺湖を抜けていく道で、スキー客が多くて渋滞渋滞。白樺湖を超えてからは日陰で踏み固められた雪の上をそろりそろりと、鈍行運転で。

 

f:id:riki-yan:20190216130209j:plain

武田味噌醸造 菱屋

 

 

上田では定番のスポットで、目当てのカンパーニュを買ったり、お蕎麦を娯しみ、地酒を嗜む。少しばかし大人の楽しみが出来るようになったかな。自宅用にお味噌を購入して、毎日お味噌汁とともに、上田に醸された味を楽しんでおります。いく先々のお土産はこれまで買ってきたけれど。その土地で作られている調味料を買うのが最近の楽しみでもあります。

 

www.hishiya-seiko.com

 

ここには載っていませんが、直接蔵に行かなければ購入できない。「寒仕込」を購入しました。前年に収穫した大豆を使って、一番寒くなる時期に仕込む、お味噌。昔は冷蔵庫などはないので雑菌の影響が少ない時期がもっともお味噌を作るのに適していたとか。

 

お味噌汁にして食べていますが、野菜をやさしく包み込んでくれるようなまろやかなお味噌。がつんと強いお味噌も好きだけれど。丁寧な仕事ぶりを感じる素晴らしいお味噌でした。

 

さあ。次はどこへ行こう。

家に帰ったら何をしよう

昨年末は何かと仕事が終わるのが遅い毎日で、お家でご飯作ってお洗濯したら1日が終わってしまった〜なんて事が多かったのですが、1月は閑散期となるようでそれほど遅くならずに仕事を終える事が出来そうです。

 

そうそう最近ですね。職場からの帰り際に他の社員さんと話をしているときに、いつも仕事終わったら遊びに行ったりするの〜?なんて話を聞いてみたのですが、あまりお出かけをしたりする人は少ないようで、平日というと疲れてしまって全然出かけないんですって。なんだか自分は20代半ばには、いつも調子に乗っている以上に、さらに増して調子の乗っていたので、毎日のように終電に乗り遅れては、某◯ン◯ンタクシーで帰っていた事を思いだして、一人苦笑いなのですが。

 

それはいいとして、しばらくは定時で帰れるので

 

「これからしばらく時間ができるのだから何かやってみたらどう?」

 

なんて話を振ってみると

 

「家に帰っても時間があるのでどうしようって考えてしまうんです」

 

とまあ。こんな感じなのです。ん〜。そうなるとどうしますかね。自分だったらどうするか・・・。今の私は平日、仕事以外の時間って何してるんだろうって(家事は除く)

 

「ながら」でしていること

  • オーディオブックを聞く
  • Podcastを聞く
  • Voicyを聞く
  • 音楽を聴く

この「ながら」でしている事って結構重要で、元は農作業をしながら一日中オーディオブック三昧の日々を過ごしていた私には習慣になっている事なのです。車に乗っているときはもちろん、炊事洗濯中、寝る前とか。重宝しております。下のスキマ時間にしている事と親和性が高いので同時している事が多いです。本の時には、音楽に限られてしまいますが。ゲームしながら論語を聴いていたりしますから。

 

少し前までは、Podcastやオーディオブックの認知度ってごく一部の人にしか知られていないようなメディアだったと思うのですが、様々なサービスが広がっているようです。最近ではVoicyといメディアを知って、配信しているものを鋭意物色中です。

 

きんぴら

今日はながらしながら、きんぴらごぼう


スキマ時間にしていること

  • 本を読む
  • ブログを読む
  • NewsPicsを眺める
  • スマホゲーム

相変わらず本は読んでいるけれど、最近はリーダーシップ関係、中国古典を繰り返し読んでいて。古典の方は徐々に原文に近づいて行っている感じ。入門編から上級編へ向かっていると言えばわかりやすいでしょうか。本屋さんに行った時には、話題になっている本を物色して何冊か手に取る感じ。ブログはフォローしているブロガーさんをアプリを使って購読している。NewsPicsピックスはプッシュ通知が来た時に面白そうだなって思ったら開く。ゲームは昔やってたゲームが配信されたりすると、時間泥棒とともに私のiPhoneに「こんにちは」ってやってきます。

 

少しまとまった時間がある

  • グロ放題
  • Netflix、Hulu、Amazonprimeで何か見てる
  • soundcloudで音楽探し
  • 投資の学び直し(NISA・積立NISA・iDeCoとか最近の制度を理解しようと)

 

グロ放題はビジネスのフレームワークとか、面白いテーマの講義を聞けるので片っ端から見ています。私自身全然ビジネスを勉強してこなかったので学び直し?学び始め?にぴったり。動画配信サービスでは、見たいと思った番組があるとついついって感じ。好きなシリーズの海外ドラマかドキュメンタリーの2択。ドキュメンタリーは食か自然に関する番組。最近見た中だと「腹ペコフィルのグルメ旅」異文化の食を通じて、旅をした気分になるものさることながら。ある友人に似ていて楽しい楽しい。

 

 


Somebody Feed Phil | Official Trailer [HD] | Netflix

 

soundcrowdは唯一愛用している音楽サービス。普通では出会えないようなアーティストやremixに出会えるので、掘り出すといつの間にか時間が取られています。投資の学び直し。しばらくぶりに投資を再開しようかと思ったら、ますます投資の敷居が下がっているようで、自分にぴったりの優遇制度を利用して・・・の前の理解をして始めようかと。積立NISAとか結構良さそうな感じがしている。

 

時々している事

  • ブログを書く
  • 依頼されたデザイン、簡単な動画編集とか
  • ライターっぽい仕事とか、月2万文字くらい
  • 見かけた料理を試しに作ってみる

 

ブログ。最近ごめんなさい。書く回数減ってます。ちょっとだけライティングの勉強がてらお仕事をしてたりで、そちらにキーボードで打つ文字はことごとく流れて行ってしまって・・・。デザインとかは依頼があった時だけ。

 

あとですね・・・見かけた料理を試しに作ってみるというのが曲者でして、まあ調子にのるわけです。私がよく利用させてもらっているのはみんなのきょうの料理。何を隠そう、きょうの料理ビギナーズを毎月買っていたことから馴染みがあるのです。あとはYouTube、雑誌の特集とか。あとは友人が教えてくれたものや、作ってもらって美味しかったものはすかさず自分でも作れるように何気なく味付けとか調味料とか聞いちゃったりする。そうして私は時々、友人のお宅の綺麗なキッチンをお借りして散らかしながら、ご飯を作るのが最高の楽しみで・・・やっぱり自分のご飯を作るより、人のためのご飯作りたいかな。何よりも楽しいですよね。

 

 

なんだか私を見てみて!なブログになってしまいました。

 

うん。多分参考にならないって読んでて思いました。

 

どうぞ。よろしく。

たねまき。

あけましておめでとうございます。

皆さんはどのようなお正月をお過ごしでしょうか。

 

意図せずして人生の大きな転機となる年なってしまいました。

それももう昨年のお話。

 

時というのは、何をしていなくても過ぎていって取り戻す事はできないのだけれど、過去に起きた出来事は、時間とともにまた違った面を見せてくれるようで、いかようにも受け取ることができるんです。

 

大好きな鬼平犯科帳の主人公である、鬼平こと長谷川平蔵が身を投げようとしていた女性を引き止めた際にこのようなことを言っています。

 

死ぬつもりか。それはいけない。どうしても死にたいのなら、一年後にしてごらん。一年も経てば、すべてが変わってくる。人間にとって時のながれほど強い味方はないものだ

 

鬼平犯科帳 2巻より

 

ふとした時にその語り口が思い出される、印象深いシーンでした。

 

 

 

さて、もう昨年末のお話です。

 

お仕事最終日はお休みをいただいて、年末に久々に山梨に行ってきたんです。それは山梨の病院の定期検診だったから。だいぶ骨の状態は良い様子。順調にいけば3月の初めには手術となりそうです。手術といっても折れてしまった骨を固定している高価な金属を取り除く手術。気持ちやカラダ的には一息つけているのですが、本当の意味では体の中に入った遺産を取り除いてもらったら一息つけそうです。また腕とかアンパンマンみたいにぷくぷくになったり、手術後にはまたリハビリがあるので、ちょっとだけというか、怖い気持ちもあるのですが。とにかく痛くありませんようにって感じ。

 

f:id:riki-yan:20190102104534j:plain

選定の終わった巨峰畑

 

 

病院での検査が終わった後には、一人車を走らせてぶらぶら甲府から甲州市へ。当たり前?のことなんですけど。山梨県なのに山あり県とはよく言ったもので、見渡す限り山に囲まれているんですよね。改めてそう感じました。少し高台の道を走っていると、南アルプス八ヶ岳の高嶺には雲が渦巻き、白く雪が積もっていました。今住んでいるところには富士山以外で雪はないし、周囲を見渡しても、半分は山、半分は太平洋側でポカンと空だけがある感じで、ポカンと空間が空いているのです。また、そこまで気温は変わらないのだけど、やっぱり少し寒いよなぁって。

 

 

まずは甲府の五味醤油さんへ向かいます。山梨で愛用していたお味噌をたっぷり買い込む。うん。買い込む。やっぱりね、あまりお金を使わないながらも、毎回甲府まで行って仕入れていた、五味醤油さんのやまごみそが切れてしまっていてなんとも毎日のお味噌汁に物足りなさを感じていたのです。一人暮らしの時には毎日のお味噌汁が健康の秘訣。とりあえず野菜を収穫したらザクザクっと切って味噌につけて食べてみる。体がお味噌でできていると言えるくらいに食べていたんです。たっぷり自宅用に数キロ買ってきて、快適な味噌ライフが再スタートです。

 

 

もう一件。勝沼の友人が若社長を務めているワイナリーにお邪魔してきました。色々な経過をお話して、ワインを選んでもらって、一本頂いてしまったりとなんとも幸せ気分。ご成婚されて、お子さんがいる話は聞いていたのですが、初めてご挨拶をする事が出来ました。帰り際に敷地内に車のキーを落としてしまって、一人ワチャワチャ探してしまってお見苦しいところを。小さなハプニングもありましたが「今後はたくさん友人を連れて伺います」とお約束して、家路に着きました。もしワイナリー巡り行きたい方がおりましたら、どうぞ。よろしく。

 

 

寄りたいところはたくさんたくさんあったのだけれど、その日は日帰りだったので、申し訳ないながら病院以外には二件だけ。また戻ってくるよと山梨を後にしました。

 

 

いつもだと年末年始にかけて「やりたいことリスト100」を手帳に書いて頑張るぞ〜と意気込んでいたわけですが、なんともまあ手帳すら購入していない感じ。健康第一。まずは何をしようか考えるまでに、カラダを戻すことを考えて、新しい事の種まきの年にしたいと考えています。どんな種をまくのかはお楽しみに。とりあえず。新しいこと云々の前にやっぱり小さな畑を借りて、作物の種をまくのが一番手っ取り早いかも。一番先になってしまうかもしれません。