読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほどほど "農民" 絵日記

なんかいつの間に農民になっている人

心地いい苦み

すももの収穫が始まりました。私の体感覚では去年よりちょっと虫食い果が多い印象で。出荷に見合うものはちょっと少ないなぁとも。すももの印象って薄いんですよね。あんまし小さい頃も食べてこなかった。山梨はすももの出荷量が全国1位だというのは、後で知った話。また山梨には「サマーエンジェル」「サマービュート」なるオリジナルの品種があるのですが、いまいち認知度が低いように感じます。出荷用のラベルも申し訳ないけれど正直なんかパッとしないようにみえてしまって・・・(ごめんなさい)

 

まあいいや。私はすももは全体が赤くなる前が好きで、完熟もそれはそれで魅力があるのですが、酸味が勝っている早採りの固い奴がすきなんです。なんというか唾液が出てくるような(レモン想像するやつみたいに)感じがいいんです。すもも畑で、朝もいだものを食べたらシャキッとしますし。なによりもおいしくて・・・

 

 

11時くらいには出荷分の準備ができて、お仕事は切り上げ。そのまま自分の野菜畑に。ちょうど堆肥を切らせていたので、ホームセンターに寄り道。少し安くなっていたので15kgを2袋分。運んでいる途中は車の中が堆肥の匂いでいっぱいになるのですが。もう慣れてしまいました。畑に着いてからは夏野菜たちに追肥をしたり、脇芽の整理をしたりといつもの作業でした。

 

今の畑の様子は夏の暑さと同じくして虫たちがやってきて、特にトマトが食害を受けています。牛乳をかけて消毒をしているけれど、そんなにうまくはいかないわけで。今日も真っ赤に染まったトマトを収穫しようと、実に触れた瞬間に。「うっ」と感触で虫に食べられているのがいくつか・・・。

 

去年は虫を見つけたら全体を見渡して、必死に虫を除去していたのですけど。そうすることも減り、虫食いをみてもあまり反応しないようになりました。だって自然に任せているから・・・・。とはいいつつもやっぱり気持ち的には悲しくて。

 

今日も「うぁ〜食べられている〜」

 

一人、ピーピーギャーギャー、騒いでいたのですが。野菜畑の師匠には「虫がちょっと食べてくれるくらいがちょうどいいんだよ」っていわれて。ああ、確かにとちょっと気持ちが落ち着きます。今でも作りすぎている感があるのだから、調整してくれているのかぁ・・・。なんとも余裕のないことか私。そのありのままが一番調和がとれているのですよね。

 

 

 

さて、今日は一度おうちに戻って所用をすませたあと。夕方もう一度畑に戻りました。あいにくの夕立にあってしまい。ちょっと気分が萎えましたけど。ある野菜を初収穫したいがために。それはこやつです。

 

 

 

f:id:riki-yan:20160714222159j:plain

さばかれるまえのゴーヤ。

 

 

多分子供の頃だったら全然好んで食べなかったゴーヤ。いつの間にかこのエグミ、苦味と一見するとマイナスになりそうなこの味覚がとっても美味しく感じるようになるんです。ビールも昔は美味しく感じなかったけど、いつの間にかおいしく感じるようになるとも聞きますし(私はビール。苦手というか受け付けませんが)

 

今の時期。ゴーヤって皆さんはいただくことはあるのでしょうか。好みが分かれますけど、苦手な人でもうまく下ごしらえすれば意外と食べれると思うのです。私の場合は、塩もみした後に、さっと湯どうしするのが定番で、炒めあわせる時には下ごしらえしたゴーヤは最後に投入といったところで。ちょっとえぐいなぁってくらいがとってもおいしいと思うのですが。

 

 

f:id:riki-yan:20160714222217j:plain

ちゃんぷるちゃんぷる。

 

 

大人になると、こういった苦いものを好んで食べるようになる一方で、日常生活の苦い場面、部分は避ける一方でなんだかちぐはぐ。相入れなくなってくるような気がして、面白いなって思います。

 

  • 甘味
  • 塩味
  • 酸味
  • 苦味
  • 旨味

 

 

別に興味はないかもしれませんが、私の好きなフルーツは「グレープフルーツ」。ぶどうに関わっているけど、ダントツでグレープフルーツ。そして苦手なのはメロンや柿です。私の味覚は「酸味」が一番。次に「苦味」が心地良いようです。だから妖艶なあまさのするメロンは惑わされてしまってやいやい。ついでにいうと、ビールは「苦味」だけ。喉がおこちゃまなので喉越しとかよくわかりません。日本酒は「甘味」を前面に感じてしまって・・・。やっぱり酸味が欲しい。酸味をください。ということで、一丁前にワインが好みなんです(ワインもいろいろあるけれど)

 

 

最近よく人に話をしているのだけれど、自分に足りないものって「苦労とか辛い場面」だと思うんだよねって、急に言いだしては聞いてもらっているのですが、ある方から「それってぬるま湯じゃないの」ってキツめ?にいわれて。うすうす感じてはいたものの、やっぱりそうなのかもしれないとも思った場面があったのですが。今ってそれこそ「酸味」「苦味」が足りてないから、なんとなく停滞しているような感覚に浸っているのかもって。

 

 

あなたの足りてない味覚。なんとなく想像できました?

 

 

って、あきらかにこじつけ、思いつき。変な占いみたいになっているけれども。こうして頭の中で遊んでみるのも面白いものです。人は物事に共通項を見いだすことが好きなのか得意なのでしょうか。つながっているような、つながっていないような。結局のところよくわかりませんと逃げますけど。なんでもバランスが大切。でもその人のちょうどいいバランス。心地いいバランスがきっとあるはずで。これも一種の自分を思い出す作業なのかもしれません。

 

 

新鮮な野菜が食べれていいねぇといわれるけれど。確かにちょっとだけ優越感があって「いいだろ〜」って気持ちがあるけれど、こっちもバランスが大切なわけで。タンパク質と脂質が圧倒的に足りません。

 

 

もうちょっとお肉。食べなきゃ。