ほどほど "農民" 絵日記

なんかいつの間に農民になっている人

ついてない時はとことん

完全に体たらくなお休み中ということで、馴染みのお店、友人のお宅に顔を出したりといろいろと出歩いては、所要を済ませております。いつの間にか完全に春に移行していて、今週末は関東圏でも満開を迎える場所があるとか。楽しい花見の時期になりそうですね。そんな中昨日は冬用タイヤの履き替えに出かけてきました。そろそろ変えなければと思っていたのでしたけど、なかなかタイミングがなく。このタイミングで変えて置かなければと思っていたのです。

 

朝一に履き替えをお願いするためにお店にいって。そうしたら12時過ぎから予約になるとのことだったので、それならばコーヒー飲みながら本でも読んで時間を過ごそう!と急に思いたって海の方に車を走らせました。まあなんとも心地よい陽気と、風で運ばれてくる潮の香り。それも学生時代はよく遊びに出かけていた港の周辺。懐かしさも感じるこの場所はココロもカラダもなんとも穏やかな気分になるから不思議です。

 

f:id:riki-yan:20150325130213j:plain

 

山梨が海に面していないという事もあるのですけど、海に来たらじ〜っと長い時間眺めていられるし、地元にいた時には気が付かなかった良い部分とかとても感じます。高校の時には友達の影響で港の周辺でスケボーとかやってましたからね。めちゃくちゃへたっぴでしたけど。それなりに学校終わり、バイト終わりで22時くらいまで遊んでいたのですから当時は体力がものすごくあったのでしょうねぇ。もう私はコーヒーを傾けながらベンチに座って海を眺めて、時々本を読む。それだけで満足でした。

 

f:id:riki-yan:20150325154648j:plain

 

走行しているうちに、12時近くになってきたので、再度タイヤを交換するためにお店に向かいました。おお〜やっとノーマルタイヤに履き替えだ〜って思って、ピットに車をおいて、鍵を預けようとしたら・・・悲劇?が起こったのです。

 

「ホイールのナットは一緒になっていますか?」

 

ん?ナット・・・。あ。そういえば別になっていた。持ってきてない。

 

ということで、予約をずらしてもらい、一度実家に帰ります。

 

確かのこの場所にあったよなぁ・・・。

 

ない。

 

じゃあこっちにおいたはずだなぁ・・・。

 

ない。

 

倉庫の中に勝手に入れただろ〜もう〜っ・・・。

 

ない。

 

 

色々なところを探しまわっても。

 

ない!

 

 

探せど探せどナットが出てこない。整備士のお兄さんによると、ナット自体が純正のものでないと、しっかりと締まらないということを聞いて・・・。これはまずいっ!と思って更に色々なところを掘り返しては探してみる。ない。そうやってどんどんイライラが重なっていって。

 

「どこやったんだよ」

 

って他の人のせいにしていく感情に支配されていきます。俺はあの場所においておいたから、あるはず。ないのはおかしい!って。後から落ち着いてみれば、大事なものであれば、自分が管理しておくべきで。原因は結局、私がちゃんとしておかないからですよね。イライラがつのっている時には、そんな気持ちは怒りの気持ちによってかき消されていくのですよね。今回は先に支払いをして、お店に迷惑をかけている気持ちがあったので、余計に焦っていたのもあったかもですが。

 

そうして結局、1人で気づかれしてしまって、もういいやって。ナットも発注すれば済むんだし。ってことで怒りのキモリは収束していきました。

 

どれだけこのイライラというか怒りの感情って、エネルギーの消費が大きくて、使い方によって本当にマイナスに働くのだなぁと。なんとも実感するわけですよね。普段怒りが出ない分本当に疲れました。その後はなにもする気が来ませんでしたから。こういう時に自分の器の小ささを感じましたね。いやぁ、本当に疲れました。

 

一時間半探した挙句、見つからずじまいで。お店には予約の取消をお願いして。タイヤの交換はお預けとなりました。三回も往復してこれですからね。何お前は余裕ぶって優雅にお前はお茶とか飲んでいるんじゃないよって(笑 その後時間があいたので、美容院でも予約しようと思ったら、まあ美容院がお休みなのですよね〜。最高です。

 

ちょうど、その1人で怒っている時、いいタイミング?で友人からお誘いの連絡が入ったもので。ありがたく誘われる形で、友人のお宅に夕方からおじゃまして参りましたよ。地元に帰ってくるときには、タイミングが合えば友人のお宅にワインをもって伺うパターンがあるのですけど、いつもお邪魔する時は急な場合がほとんど。時々しか伺わないのに、いつも気持よく迎えていただけるのですよね。年齢を重ねていくとそういったことができる友人も減ってくる中で本当に嬉しいことですよね。

 

いつもお邪魔しているお宅はお子さんがいることが多く。小学校、もしくは来年度から小学校に上がるような年齢になっているのです(驚きですよ)人の子ながら成長には驚くばかりですよね。実際に友人のお子さんの相手を(できているかは別として)していると、自分の子供の時はどんな子供だったのだろうかとかを思い出してみたりするだけで、楽しいものです。

 

最近は自分が勉強している事もあって、興味の対象がやっぱり夫婦間の関係だったりするので。お互いのことをどう思っているかとか、話を聞いたりすることに加えて、簡単なワークをしたりすることで、お互いの隠れた感情というか、普段言えないことや。こんなことを思っていたんだ。のような気づきを得てもらったりして。恩返しまではとはいえませんが、何かしらの形でお返し出来ているかなぁとか。勝手に思っております。

 

とまあ、いつもそういうことを感じながらとかって、いい人そうに書いてますけど。ひとんちでキッチン借りて、お酒を飲みながら調理をして、くっちゃべって、料理がなくなったら、新しく作って。また食べて気持よく酔っ払って。それが一番の目的なんですけどね〜。外で飲むよりも家飲みしたほうが好きな料理に合わせて、好きなお酒を合わせられるので、一番楽しいです。帰りの時間も気にしなくていいのも相まって、気持ちの余裕感もあり、ゆっくりとくつろげる気がしますね。経済的にはどうかと思いますがw

 

f:id:riki-yan:20150325155501j:plain

ごきげん夫婦は気持ちよく迎え入れてくれます。

 

 

昼間はやたらと、1人でプンプンして疲れたので。余計にお酒が美味しく感じて、気持ちよく酔わせてもらいました。こういった地元のつながりも大切にしていきたいものです。散らかしては、片付けて頂いて迷惑をかけておりますが。楽しい時間でした。ごちそうさまでした。