ほどほど "農民" 絵日記

なんかいつの間に農民になっている人

その比じゃない

静岡も十分寒いのですけどね。やっぱり山梨の比じゃないっすね。週末は長野へ行くので、山梨は長野の比じゃないっすねって今から書く気がしてならないですね。やっと親知らずを抜いた後の抜糸終わったので、静岡から山梨に戻りました。これで違和感はあっても痛みはないのでちょっと一安心。しばらくはうがいは励行いたしますがそれも自然となくなることでしょう。

 

今日は山梨に帰る前に、静岡によって、友人とお茶をしてからのんびりの行程でした。

 

f:id:riki-yan:20141121003334j:plain

まずは、ケール入りスムージーで栄養補給

 

確実に私の人生を狂わせた人、とても私にとってプラスに影響を与えてくれた一人、また自由人の一人(だと私は勝手に思っている)私と同じくではないですが、新しいステージへ来月から進むということでその前に一杯ということで(お茶よ。お茶)

 

その友人は本当にすごいというか。私が知っているコネクター」の人の中でも上位に位置するなぁって。一緒に遊んでいるだけで知人の和が恐ろしいほど広がります。人と人をつなげる事の面白さを私に教えてくれたのかもしれない・・・とまで思います。一緒にいると何か面白い事がありそう。そう思わせる魅力も満載です。

 

また、とても楽観的なのです。でも強い芯がある。私も楽観的といわれますけど、その比じゃないなと。私だけじゃなくてその友人とつながっている人、皆がそう思っているのではないかなぁ・・・。(あんましべた褒めしないほうがいいかしら)

 

全然心配はしていないですが、また一回り面白くなって帰ってくるのではないかなぁと、勝手に期待しながらのんびり待ちたいと思います。 

 

 

 

 

さて、そろそろ11月も終盤に向かってきましたね。そろそろ恒例のあの時期が近づいてきます。私も準備をしなければならないと思って、ロフトで買っておきました。

 

 

それはモレスキンの来年の手帳

 

f:id:riki-yan:20141121003440j:plain

今年はソフトタイプで

 

普通のお仕事をしなくなった途端に手帳をつかう機会は減ってしまったので買おうか悩んだのですけど。とりあえず!!年末までに巻末数ページを使って必ずやろうと決めておくことがあるので購入は先にしておくと。そうすれば自分に圧力がかかりますから。モレスキン高いですけど、買ったらしっかり使わないともったいない!!圧力がかかるのでなおいいです。

 

何やるかってね。そりゃあ決まってます。

 

来年のやりたいことを100個書きだすんですよ。100個。

 

別に1000個書いてもいいんですよ(私は100個にしておきますが)

 

これをやらないと始まらんのですよ。というか今年を気持ちよく終われないのです。

 

もともとこの習慣を知ったのは、三年前くらいでしょうか。私の好きな内藤忍さんがブログでその事に触れていたのを見てやり始めたのです。毎年しつこいくらいに周囲の知人に進めています。少しずつですが共感してくれる人が出てきているので嬉しかったです。まあなぜ勧めるかといえばですね。

 

紙に願望を書くと、その願望は達成されるから(ってある著者さんがいっていました)

 

 

・・・?

 

 

大丈夫、大丈夫。だって書くだけですよ。別に変な事を言ってないです。いや頭も大丈夫です。

 

毎年書いているのですけど(あくまで私の場合)結構叶います。というか叶ってるというべきでしょうか。

 

書くとやりたいことが可視化されるので、それが潜在意識に入り込んでいって、それを達成するために勝手に脳が動くらしいのですよね。本当は毎日寝る前に書いた内容を口に出して読むともっといいみたいなのですけどね。そこまでしなくても時々気がついた時に眺めるだけでもいいのです。それを一年後。また数年後見てみると驚くことにほとんどの内容が実行されている・やっていたりするのです。個人差はあるとは思いますけどね。100個書いて、数個できていればいいんです。だって100個書かなければ、その数個さえできていなかったかもしれませんから。

 

書く内容は大きい事柄から、小さい事柄まで様々です。小さいことで言えば「◯◯を買う」とかでもいいのです。

 

いつも私が勧めるときには必ずいう言葉。

 

信じるか、信じないかはあなたしだいです。

 

と某伝説のくだりに似てますけど、ほんと強制するつもりはないので(笑

 

さてさて、もうキーボードを叩く指先がかなり冷たくなってきたのでこれにて。

 

長野へ行く前に本をよまなければ。積ん読がとりあえず“上に積んどく”かってなってしまっているので消化しなければ。