ほどほど絵日記

鍬を置いて、山を降りた人

畑をさがしています。

いつの間にか時は過ぎて、体に入った高価なチタンを抜く手術まで一ヶ月を切りました。来月の今ごろは、病室のベットの上で痛い痛いと呻いている姿を容易に想像できます。前回もそうだったけれど、とにかく恐怖とかそういうのはなんとかなるんだけど、どうも痛いのだけは我慢できないのですね〜。大腿骨については動かない場所なので大丈夫な気がするけれど。鎖骨と肘はグイングイン動く場所なので、痛そ〜だなぁ。痛そ〜だなぁってなって、考えるのをやめようって、また痛そ〜だなぁって、繰り返しています。

 

とりあえず、手術が終われば物理的な重しも、心の重りも解消されることになるでしょう。気持ちの面では整理がついているけれども。また新たなスタートを切れる予感。とりあえず手始めに、春からは畑仕事を復活させようかと目論んでいるのです。

 

私が住んでいる地域では、宅地が多くて畑そのものが周囲を見渡してもありません。

 

ちゃちゃっと、畑を貸してくれるところがないかなぁと調べてみますと、市内で畑を気軽に借りることができる市民農園がって、こんな書き方をしているけれど、こっそりしらべていたとかいないとか。

 

①町内に近い畑

自分の住んでいる町内にも一箇所あるのです。市民農園

しかし。立地が国道一号に面してアクセスもしやすい!水も通っている・・・。これは好条件!といいたいところなのだけど。ちょっと想像してみたんです。国一の車通りが多いところで、鍬を振るっている自分の姿を。うん。きっと美味しい野菜は作れる自信はある。ちょびちょび写真を撮ってはUPしている自分の姿も容易に想像できる。できるんですけれど。

 

なんだか車通りが激しいと、なんだなぁ。楽しくないんですわ。やっぱり周囲は畑やら山に囲まれているところで耕している方が心地よいなぁと感じてしまって。うん。

 

里山の麓

じゃあ、二番目に近いところを探してみると、こりゃ。山にも近いし水もある。周囲はミカン畑に囲まれている!きっと畑の土の質も良いのだろうなぁって。少し高台にあるので、景観もあって良い条件じゃないか!って、どれくらい自宅からかかるのかなぁと見てみると、車で10分くらいかかる場所。ん〜。20分くらいかかる。ん〜。その数10分が勿体無い。あとは冬の日が短い時間だとどうしても、仕事終わりに行くと暗くなってしまう・・・。難しいか・・・。

 

③勤め先の近く

勤め先の会社の近くにもあるんです。市民農園。会社の駐車場から歩いて5分圏内。すべてを満たさないけれど、とにかく便が良い。少しでも多く畑で作業できる時間ができる。仕事に行く前と、仕事終わりに1時間ずつ働けば計2時間も畑の面倒がみれる。市民農園で借りるのであれば、良さそう。

 

なんだかんだで、やっぱり畑の上に立つ。土の上の立つというのは、地球とダイレクトに接している感じがするんです。人間も畑の上で太陽を浴びながら光合成(できないけど)パワーを頂けるのかもしれませんね。

 

そうそう先日は休日を利用して上田市まで行ってきたんです。朝早くに静岡をでてひたすら北へ北へ。途中諏訪南インターから白樺湖を抜けていく道で、スキー客が多くて渋滞渋滞。白樺湖を超えてからは日陰で踏み固められた雪の上をそろりそろりと、鈍行運転で。

 

f:id:riki-yan:20190216130209j:plain

武田味噌醸造 菱屋

 

 

上田では定番のスポットで、目当てのカンパーニュを買ったり、お蕎麦を娯しみ、地酒を嗜む。少しばかし大人の楽しみが出来るようになったかな。自宅用にお味噌を購入して、毎日お味噌汁とともに、上田に醸された味を楽しんでおります。いく先々のお土産はこれまで買ってきたけれど。その土地で作られている調味料を買うのが最近の楽しみでもあります。

 

www.hishiya-seiko.com

 

ここには載っていませんが、直接蔵に行かなければ購入できない。「寒仕込」を購入しました。前年に収穫した大豆を使って、一番寒くなる時期に仕込む、お味噌。昔は冷蔵庫などはないので雑菌の影響が少ない時期がもっともお味噌を作るのに適していたとか。

 

お味噌汁にして食べていますが、野菜をやさしく包み込んでくれるようなまろやかなお味噌。がつんと強いお味噌も好きだけれど。丁寧な仕事ぶりを感じる素晴らしいお味噌でした。

 

さあ。次はどこへ行こう。