読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほどほど "農民" 絵日記

なんかいつの間に農民になっている人

時間をとってくれることのありがたさ

先週末はぶどうが収穫前の一段落に入り、また出荷場の都合もあって久々に連休となりました。各地で面白そうなイベントもあったのですけど、なんだかそちらに出向こうって気にはならず、地元に帰ってゆっくり過ごそうと思いたち、実家に帰ることにしました。今月はお婆ちゃんの初盆で一度帰っていたのですけど、お墓にちょっと行っただけで、完全なとんぼ返り。その前の時も前日の夜に帰って、次の日の昼間に帰るなんてことを繰り返していたこともあったので。たまにはいいかしらって。

 

今回の休みも急に決まったので、まったくノープランだったのですが、ちょうど週末に静岡に帰るという友人から連絡があったり。前からお声がけいただいている方に連絡をしてみようかなと思い、静岡に帰る前に無理だろうなぁと思って連絡したわけですけどなんだかタイミングが良かったのか、都合を私に合わせてくれたのか。わかりませぬが、その日の夜は久々に学生時代からの友人たちと会食することができました。

 

私などは独り身の自由人なので全然はばかりはないのですけど、やはり周囲の友人のほとんどが家庭をもっているわけで。本人たちは「全然誘ってくれればいいよ〜」っていってくれるのですけど。やっぱり気を使ってしまうのが本音なのです。でもお誘いをしてみて本当に良かった感じ。あまり私って昔の話ばかりするのは好きではないのですけどね。なんだか私を含めて、本質的な部分って学生の時と比べて変わらんのだよね〜って思って。なんだか自分の今のルーツみたいなものを感じることができて、それがとってもいい気付きになりました。

 

f:id:riki-yan:20150729144649j:plain

地元のアーケード商店街にて

 

こうして過去を振り返るいい機会になったのですけど。常々?私は知人から「やりたいことがない」「好きなことが見つからない」ということに対して、未熟者ながらアドバイスを送ることがあるのですが。

 

自分の過去にヒントがあると思うよ

 

ってお伝えしています。

 

  • 先生に褒められたこと
  • 賞をもらったことがある
  • 一目置かれていたこと
  • 「すげぇなお前」「すご〜い、○○さん」と言われたこと
  • 努力しないけど、うまくできたこと
  • 小学校でできていたけど、中学、高校に上がるにつれてできなくなったこと

 

他にも振り返るには色々なことを聞くことができるのけど。こんな感じで問いかけていくと、なんとなく、もしかしたら・・・なんて項目が見つかるものです。それが実は強みだったり、やりたいこと・好きなことを見つけることのヒントだったりするわけなのですよね。もちろん。私の意見として聞いてほしい。とも伝えます。)そもそも、なんでこんなことを聞くかといえば。

 

予期せぬ成功

 

を探すため。ご存知の方も多いとは思いますが、完全にドラッカーさんが言っていたことで、私はとても意識している項目なのです。人にアドバイスしているというよりかは、それぞれの人のそういった強みとか、そもそもどんな人なのだろうってことに私はとても興味があり、惹かれるから聞いているんです。だから、その人がどんなに社会的に優れているとか、すごいことをしているかとかよりも。どうしてそういう考え、思考を持っているかの方が興味あるんですよね。だからどんなにすごい人物と言われる人であろうと、惹かれるものがないときは。全然興味がわかないのです。その反対もしかりで、自分より年齢が下の方でも、なんか惹かれるものがある人には色々聴きたくなってしまいます。

 

 

f:id:riki-yan:20150729144740j:plain

 しぞーかおでんもしっかり食べてくるら

 

これもまた今回の休み中にありがたかったのですが、静岡の本屋さんをまわった後に一人で読書をして帰ろうと思って、行きつけのお店で一人カウンターで飲みながら本をながめていたのですけど。その様子をInstagramでUPして、そのままタイムラインを開くと、何度かお誘いをしてタイミングが合わなかった方がちょうど写真をUPしていまして。ん〜。とちょっと悩んだのですけど。この際だからお声がけをしてみようって、連絡を取ってみたらですね、嬉しいことにわざわざ私のいるお店まで足を運んでくれたのですよね(なんともありがたい)

 

前回お話をしたのはもう1年前くらいでしょうか。久々に会ってお話していたのですけど。なんとも有意義で楽しい時間となりました。年齢的には私の方が上なのですけど。私にはないココロの強さというか、芯がしっかりしている方で。なんだか私もまだまだ甘いよなぁと。また、前回お会いしたときよりも、人間的に成長されているように見え、頼もしく思えたりして。気づきをいただくことができました。

 

 

こうして、今回はお誘いをしたら、とても嬉しいことにタイミングがぴったりが続いたわけですが。やはりタイミングが全然合わないときは合わないです。だからこそ、私の都合でお声がけをして、ご一緒してくれることがどれほどありがたいことなのかを知るのですよね。本当にタイミング合わないときって、とことん合わないのを何度も経験しているので(まだまだ私の魅力が足りないのかもだけど)

 

でもタイミングが合わなかったときにはこう思うようになってきました。

 

  • 今回は縁がなかったのかもしれない。
  • 会うタイミングではないってことだ。

 

というように。

 

もう自然とそうなります。

 

もちろん私も普通の人間なので連続してタイミングが合わなければ、だいぶお誘いすることに勇気が必要になっていくのが正直なところですw

 

そう思えると。新しい人にあったり、思いがけないところで再開したり、お誘いした人タイミングがカチっとあったときなんかは

 

  • なにか面白いことが起こるかもしれない。
  • なにか新しい気づきをえられるかも。

 

なんて、なにか“意味”があるのかも?と感じ取るようになります。

 

そして何よりも感謝が生まれますよね。だって生きているうちの貴重な時間を私に使ってくれているのですから。これほど嬉しいことはありません。

 

ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんけど。改めて、時間をいただけることのありがたさをしみじみ感じるのでした。

 

 

今日は、思いがけない夜から明け方までの雷雨によってすももさんの収穫が出来ずにお休みでした。お家にいても、外にいても暑さは変わらず。扇風機がブンブン回っています。今年もクーラーはつけるつもりはもちろんなく。しばらくは寝苦しい日が続きそうです。