読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほどほど "農民" 絵日記

なんかいつの間に農民になっている人

土地の魅力の引き出し手

群馬・中之条から山梨に返ってきました。高速は使わず下道で片道四時間ちょっと。4時間の道のりってちょっと遠い距離なだけ。夕方の時間から出発する事は、昔だったら遠いからやめようって距離なのでしょうけど、4時間でも「ちょっといってみよう」って気軽に行ける感覚があるのですからね。もうどうしようもないです。いつもだと山梨の山奥に帰りますって言葉を使うのですけど。いやぁ、私の住んでいるところは田舎なのかもしれませんけど、群馬の山奥にはかなわなかったです。深かった。なんとなく遊びに行っただけですけど、アテンドしてもらって見て回ることもできたし、得るものが多かった。そして何より充実した時間を過ごすことができました。

 

f:id:riki-yan:20150426215814j:plain

四万温泉にて

 

ここで訪れた場所とかを語ることはできるのですけど。私が書くよりも紹介ページとかあるので、最後にリンクを張っておきます。気になる方はぜひみてみてということで。

 

 

今回私は中之条に観光に行こうというよりか、友人がいるからという理由で出かけたので先入観を持たずに見て回ることができたので、いつもより俯瞰して土地を見て、感じる事ができました。私が今回旅をしてなんとなく思ったことを残しておきます。もちろんすべて私の100%の主観です。

 

 

ガイドを頼むなら、他の土地から移住してきた人がいい?

 

今回アテンドしてもらった友人は他の土地の人間(静岡出身という親しみやすさはあった)でしたが、何がいいかって「押し付けがましくない」というところなんですよね。強力なコンテンツや観光資源をもっている場所を除いた地域は、どの土地も似たように見えてしまうので、差異を感じることができず決め手にかけてしまうといいますか。正直同じに見えてる人も多いのかなと思うのですよ。だから「この土地の名物は◯◯」「□□の名所に案内しますね」みたいな部分には魅力を感じなかったりすることもあり、逆にそこまで見ている人がすごい!と感じていないのにアピールすると圧迫感、ストレスになるのですよね。アピールするものがあるのは強みでもあるのですけど、なんか押し付けがましい。だから観光しに来た人が自然に感じることができないというか、五感で感じることができないのです「ああ、すごいなぁ」って思って終わってしまう。

 

 

 

その土地のよさは来た人に決めてもらう

 

人それぞれが持っている価値観で見えるものがちがうといいます。都市圏に住んでいる人からすれば、雄大な自然の景観に癒やしを感じるかもしれません。建築物をみると昔に想いをはせて心で感じる人がいるかもしれません。私は農業をやっているので、自然と畑や農産物に目が行くわけです。そうやってなんとなく見る基準がはっきりしている人は何も言わなくても勝手に探しますし、感じとってくれます。では、基準がない人をどう案内するか。今思いつくのは、ふらっとよってもらった人の話しを引き出して「あなたはこの場所にいくといいかもしれませんよ」みたいな感覚的なアドバイスが出来る人を置くことですかね。そこでのマッチングが上手くできれば、良い体験を持ち帰ってくれるので、感覚が近い知人を連れてきてくれるかもしれませんし。

 

同じ土地なのに、ある人は「◯◯がいい」、またある人は「□□が面白い」といったようにイメージが固定されないので、飽きないというか、複雑にそれらがからみ合って、より魅力的に感じるのかなぁって。今までは面白いイベントとかお祭とかやればいいのに!とか思っていたのですけど、それって場当たり的な対応で、実はもともとある土地のポテンシャルを最大限に引き出す人が必要ですよねって改めて思いました。というところに落ち着きました。いかがでしょう。

 

f:id:riki-yan:20150426234548j:plain

富沢家住宅 蚕産が盛んだったようです

 

さてさて、あとは個人的に興味があった道の駅。前職の仕事で土産物とかのデザインとかやっていたので、どうも気になってしまうのです。友人に聞いたところによると群馬県ってこんにゃくが有名らしく。それなりにお土産売り場にもこんにゃく、こんにゃく粉などが目立つところにおいてあります。それはそれで魅力があるのですけどね。びっくりしたのが、なんとなくどこにでもあるジャム。手にとって原材料表示にも目を向けたら。ジャムの中に「こんにゃく」が入っていたのです。「ん、ジャムにこんにゃく。おいしいのか?」って一瞬おもったのですけど、ジャムってペクチンとかゲル化剤、増粘多糖類とかいれて固めてあることが多いのですが、そこにこんにゃく・・・なるほど。添加物使わないからいいよねこれは。ああ、面白いこと考えるなぁって。一人で面白がってました。もうちょっとパッケージでアピールすればいいのにとか思ったのは内緒ですが。

 

素人ながらに偉そうに書いてしまいましたがまとまっているのか自信がありません。ごめんなさい。

 

中之条に次に訪れるのは何もなければ秋でしょうか。中之条ビエンナーレ。友人の活躍に期待しながらその時を楽しみに待ちたいと思います。

 

 

f:id:riki-yan:20150426220444j:plain

個人的には四万温泉街のスマートボール。楽しすぎました。

 

 

 

花と湯の町なかのじょう|中之条町公式サイト|群馬県

 

shimaonsen.com

 

www.ouketsu.net

 

富沢家住宅 国指定重要文化財(中之条町) | 群馬県の観光スポット・旅行・温泉・地域情報「WEBGUNMA]