ほどほど "農民" 絵日記

なんかいつの間に農民になっている人

決め手に欠ける

久々に朝起きた時の明るさが違う。カーテンを開けたら眩しい日差しが覗いているではありませんか。朝の空気はひんやりとしていて、気持ち良いのですけど。表に出た瞬間にああ温かいなぁと。太陽のありがたみがわかりますね。こんないい天気の日には車に乗って遠出をして!って言いたいところですけど。本日は大事な晴れ間。畑にでてスピードスプレーヤーに乗って、春の防除をしてきました。虫君たちの害を減らすそうです。

 

f:id:riki-yan:20150412232707j:plain

 

スピードスプレーヤーに乗る時って、基本はカッパを着るのが鉄則。なぜかと言えば噴霧した液が自分にもかかるし、ぶどうの棚の下を進むのでやっぱりね。たれてくるわけで。身体中に液を浴びることになってしまうので、普通の作業着でやったら全身に浴びてしまうので、よろしくないのです。まだ今は春なのでカッパをきてちょっと汗ばむ程度ですが、これから夏に移行していくと、一人サウナ状態になるので体力の消耗が激しいこと。痩せたいのならまだしも、もう痩せる部分がないので、真夏にカッパを着るのは私の体にはハードなようです。

 

 

さてさて。今日は統一地方選挙ということで。仕事が終わってお家で洗濯物やら片付けをした後に、近くの小学校まで行ってきました。今回の立候補されている方たちの情報を色々みたりしていたのですけど。私の住んで居る地域では3人の方が立候補されていて。年齢順に55〜71歳の三人の戦いとのこと。私がちょうど投票所にいった時にはだれもおらず、私だけ。なんかそこにいる立会人の人がみんな私をみているようでなんか、投票しずらかったです。だって視線をすごく感じるのですもの。

 

f:id:riki-yan:20150412232725j:plain

 

今回もそうなのですけど、決め手に欠けてしまって選ぶのに困ってしまったのが正直なところでした。私もこの土地の人間ではないということも理由の一つではあるけれども。この人に託したい!という気持ちはまだわかないみたいです。そうなると年齢って一つの選ぶ基準になるのだけれど。特段「若い」と思える方もいらっしゃらないし。どうしたもんかなぁと。

 

あとは立候補者が誰もネットを利用して情報を発信していないので、私の世代からしたら困る人が多かったと思ったりも。だって選挙カーで応援をお願いしますっていって聞いた若い人が、ふと名前を調べてみようとか、選挙に関心を持とうって思ったらまずは検索するはず。それでどんなことを訴えているのかって、知りたい。でもね。スマホで調べてみてもどこにも情報がないのですよ実際。それでは困ってしまう人が多いと思うのだけどなぁ(法律とかでできないのかしら?)こう書いているだけあって、私も検索した一人なのですけど。私のしつこさでも調べることができませんでしたから。

 

 

選挙に関心持つためのハードルをもっと下げた方がいいと思うけど。逆に、立候補者の人って若い人の票に関心がないのか、はたまた住んで居る若い人が少なすぎるのかわかりませんが。なんとも選挙のたびに違和感を感じてしまって仕方ありません。そんな統一地方選挙でした。

 

 

その後は、依頼のあった製作物のデータを最終チェックして、業者さんに入稿をして。しかかっていたものがとりあえず自分の手から離れ、ひと段落になりました。これで農作業に打ち込める!と言いたいところですが。明日はまた天気が悪いようで。このパターンだとお休みの公算です。こうも雨続きだと、やることがなくて困ってしまいますね。本読んだり、書き物をするのにはちょうど良いですが。

 

ベランダの菜園用にかった土が余っているので、ちょっと深い鉢を買ってきて他の作物を作ろうかなとかも思ってます。やるかどうかは別としてふと浮かんだのは「ズッキーニ」鉢植えでできるのかしら、ホームセンターに種か苗はあるのかな・・・。とりあえず。「検索」してみます。