読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほどほど "農民" 絵日記

なんかいつの間に農民になっている人

いつも自然にやっていることはコストを感じない

おかげさまの天気でもちろん仕事はおやすみでした。ずっとお家の周辺は霧が立ち込め。とても寒い一日でした。もちろん外はのお話ですが。そんな中でもタイミング悪く洗濯をするタイミングでしたので、洗濯をして家の中で干していたわけですが。まあね、今はストーブがあるので、近くにストーブをセットして、早く乾かないかなぁ〜って思いながら経過を見守っていたのですが、まあ乾きますね。しかもありがたい事に?洗濯物が乾く熱でお部屋がとてもあたたかいのですよ。もちろん柔軟剤の匂い満載でしたが。お家の中なのでスメハラになるわけでもなく。ぬくぬくとさせていただきました。

 

f:id:riki-yan:20141216212702j:plain

外はずっと霧に包まれている

 

さて、今年もあと半月になりましたね。この時期には師走ということで忙しく立ちまわる方もおるかと思いますが。そろそろ作って印刷しなければということで。年賀状の作成、印刷をずっとやっておりました。もう準備万端の人、やばい!そろそろやらないとって人、年賀状がきた人に返すからって人、そもそも年賀状とか作らんよって人。例を上げればキリがないですが。私は多少なりお世話になった方には出すようにしております。

 

で。で。で。私は今は一人暮らし。ということなので、自分の分数枚だけだから楽だなぁ〜って、たかをくくっておったのですが、そんなことをさせてくれるはずなく。実家の分も作って、印刷したものを実家に送るという。更に面倒くさい事になりました。本当にありがとうございました。

 

まずは雨の降るなか、年賀状は自分の分を含めて80枚くらいを郵便局に行って購入。なんかインクジェットの年賀状、地の紙が薄緑、薄ピンクのタイプも有りますよ〜って紹介されたのですけど。・・・ん?インクジェットで印刷するのにわざわざ色付きの年賀状とか買うのか?と、疑問に思ってしまいました。インクジェットじゃなくて良くないか?と・・・まあ需要があるのでしょうかね。

 

それから、お家でプリンターを準備して印刷しようとしたら・・・そう。やっぱりインクが無いのですよね。再度近くの量販店にいってインクを買ってきました。インク。いつも思うのですが、毎年、この季節に買うんですよね。インクも安いものでないので五千円超えますもんね。ちょっと自分はそんなにインク使ってないのもったいないなぁと思いつつ。お家へ戻りました。

 

年賀状のデザインはもう作ってあったので、微調整と住所とか確認して印刷するだけ。後はひたすら印刷されるのを待っておりました。

 

そんなことをしていたら、一日もすぐに終わってしまいますね。

 

手書きでやるか、印刷するかにもよりますけど。年賀状って労力のいる仕事だよなぁと。実家にいるときは全然気にはしていなかったのですけど。コストも意外と掛かっておりますしね。それもお金だけじゃなく時間も。よくよく考えると、普通に年賀状作るのに一万円くらいかかっているし、買い出し・デザイン・印刷の時間を考えたら数日分の時間を使ってるのだなぁと。

 

こう考えてみると、年賀状を出すっていう事も習慣だから疑問に思うことなく毎年こなすのだろうなぁと。最近はメールで済ませる人も多いと聞きますし、若い人たちが年賀状を出すのか出さないのか、それはわかりませんが。こうやって習慣でやっていることは何も違和感とかなく、自然とできてしまうので不思議だよなぁと。

 

逆に習慣がないのであれば、わざわざ手書きでお金払って、ポストに出さなければいけないので、面倒臭いことをしているなぁと思っているのかもしれませんね。「年賀状をメールで送るとか考えられない!」とか思ったりすることも過去にありましたが、メールで送ればお気に入りのフォルダか何かに入れておけばいつでも見れて、なくなることもないし、25日くらい?までにポストに出さなければっていう期限もないから利便性あるよなぁと。そういうと「メールでは気持ちがこもっていない、伝わらない」とか二の句を言ってしまいそうですが、別にメールじゃ気持ちがこもらないとかおかしいよなとも思うわけです。はがき・はがき、メールとどちらがいいということはありませんが、これから年賀状の位置づけってどうなるのかなぁと、想像をしてみると面白くてしかたありません。

 

そんなに私は毎年いい年賀状というものは作れてはおりませんが、普段あまり連絡をとらない人に対しても年賀状であれば送れたりするものですし、相手の事を想像しながら文章を考えたりすることで昔の思い出とか蘇ってきたりするものです(少なくとも私は)年賀状に限らず手紙などもそうですが、相手が今どうしているのか、思いを馳せる事ができるのもひとつの醍醐味かもしれませんね。だって手紙を書くときって悪い気持ちで書くことは少ないでしょうし不幸の手紙を書く人とか本当にいるのかしら)

 

とまあ、そんなことで。年賀状の宛名を書こうと思った矢先に、去年頂いた年賀状のファイルが実家にあることに気づきます。通信面は先にやるとして、早めに実家に帰って、宛名書きをやらなければですね。

 

明日は天気。どうなることやら。